ハンディキャップ

ホームコースを取得するためには「ゴルフ会員権」を手に入れなければなりません。

ゴルフ会員権を手にした後はホームコースで楽しむことができますが、同時にハンディキャップの取得も可能となります。

 

JGAハンディキャップとは

日本では、「JGAハンディキャップ」が唯一のオフィシャルハンディキャップです。
JGAハンディキャップは、権威あるオフィシャルハンディキャップとしてゴルファーの間で知られています。

JGAハンディキャップは日本ゴルフ協会(JGA)のハンディキャップ査定規約に基づいて査定が行われ、査定が通った際に初めて取得できます。

ハンディキャップを取得方法

会員権取得後にハンディキャップを取得するためには、ホームコースまたはJGA加盟の他コースでプレー後、ハンディキャップ取得用カードに必要事項を記入し、同伴者のサインをもらい提出します。

コースによって提出方法が異なりますが、一般的には3ヶ月以内に5枚程度のカードを提出することでハンディキャップを決定し、通知を郵送します。

そして通知書が届いたら、晴れてクラブ競技に参加することができます。

ハンディキャップ取得後

ハンディキャップを取得すると、その後全てのスコアカードの提出義務が生じます。
これは、絶えず公正なハンディキャップでプレーし、全てのプレイヤーが楽しむことを目的としているためです。

スコアの良し悪しに関わらず、ラウンド後にはホームコース、または連盟へ全てのスコアカードを提出してください。

なお、取得後にラウンドされたスコアには登録期限があり、原則としてラウンド日の翌月末までに提出する必要があります。

ハンディキャップは全てのプレイヤーが公平に楽しむことを目的として作られたものです。ゴルフ好きである以上、取得して損することはないでしょう。

会員権相場はこちら

購入希望の方はこちら

売却希望の方はこちら